ホーム > パイプを愉しむ特集

パイプ、パイプ用品、パイプたばこの販売。
大阪のお店で美味しいたばこにこだわって探してみませんか?
パイプを愉しむ特集


たばこの詰め方は諸説がありますが、大切なのは通気の具合があなたの喫煙に最適であること。硬く詰め過ぎると酸素の供給が悪く、火が立ち消えたり、柔らか過ぎると供給量が多く、たばこの燃焼力を高め、その喫味を損なう原因となります。
1.層を重ねるようにたばこを詰める
よくもみほぐしたたばこを3〜4回に分けて、ボウル容量の80%を目安に詰めます。又、喫煙中に何回となくコンパニオンでたばこを押さえるために、下層ほど圧縮されることを考慮すれば、最初は柔らかく段々に硬く詰めていくのが賢明です。
2.詰めたたばこ表面の感触や
  空気の流入具合等をチェック
今回の詰め方による喫煙の具合を検討した後、次回にたばこを詰める際の参考にしましょう。
パイプ
パイプを始めるのにまず必要なものは「パイプ」です。初心者の方にお勧めのパイプはやはり「シャコム」です。中でも下記商品は価格も6300円とお手頃です。
マルセイユ13・
ベント
マルセイユ28J・ビリヤード マルセイユ154・ポッカー
7560円 7560円 7560円

とりあえずお試しにとおっしゃる方には「コーンパイプ」はいかがですか。通常のパイプほどは長持ちいたしませんが、手軽にパイプ喫煙をお楽しみ頂けます。
コーンパイプ
1,000円〜2,000円

パイプたばこ
一番売れている下記の商品がお勧めです。
キャプテン・
ブラック
アンホーラ・フル・
アロマテック
個:円
個:1200円
軽いのをお好みでしたら
「ボルクムリーフ・ウルトラライト」が
いいでしょう。
さほどクセもなく常喫のたばことして
満足していただけるかと思います。
ボルクム・リーフ・
ウルトラ・ライト
順次、バニラ系、チェリー系など
いろいろな香りに挑戦されては
いかがでしょうか。
個:円

本来のパイプスモーキングに入る前の準備に取り掛かります。
1.たばこ表面に満遍なく炎を着火
オイルライターはオイル臭がたばこに移るため、マッチ又はガスライターでの着火が最適です。パイプをくわえて吸引しながらたばこ表面全体に着火して下さい。2〜3服するとたばこが膨張し、盛り上がってきますので、コンパニオンで軽く押さえて火を落ち着かせます。
2.たばこ表面の成型
炭化したたばこが表面全体を覆うように仕上がったら、コンパニオンで軽く押さえて準備完了!あらためてたばこ表面に満遍なく着火したところで、パイプスモーキングの始まりです。

パイプスモーキングは、ボウル内への安定した酸素供給がポイントになります。
1.呼吸の間合いでリラックスしたスモーキング
自然な呼吸をするように、パイプを通してゆっくりと優しく喫うと吹くを繰り返して下さい。火の立ち消えを恐れての強い喫煙は口内を刺激し、苦痛なだけでなく、たばこの片燃えを招き、ボウルの内壁を焦がす致命傷に成りかねません。不快な喫煙に繋がるたばこの詰め具合を検討することも必要ですが、「火が消えたらまた着ければいい」というおおらかな気持ちで臨みましょう。火が消えた時は表面の灰を落とし、コンパニオンで平らにした後、再度着火して下さい。
2.コンパニオンを使い通気を調節
火の通りが悪かったり、加熱しすぎた場合など、たばこ表面をコンパニオンで軽く押さえて通気の調節を計ります。その際、喫いながらこの作業をすることが火の立ち消えを防ぐコツとなります。また、吸わないときでも息を吹き込むようにして火種の維持を心掛けます。
3.喫煙を不快にする水分の除去
パイプ内に水分がたまったときはマウスピースを下に向けて軽く振るか、煙道をモールクリーナーで掃除します。
4.たばこは最後まで喫い尽くす
詰めたたばこを最後まで喫い尽くすことで、ボウルの壁面に均一なカーボン(STEP4-2)の付着が可能になります。
コンパニオン
パイプ喫煙に際して必要な小道具は、
葉を押さえる「コンパニオン」が必要です。
パイプ型・
ブラックウッド
940円
モールクリーナー
次に必要なものは、
「モール・クリーナー」です。
パイプの煙道を掃除するもので
消耗品です。
モールクリーナー
Bタイプ
後は着火するライターやマッチがあれば、今からでもパイプたばこを
お楽しみいただけます。
250円

喫煙終了後にパイプのケアを欠かさないことは、次回スモーキングでのたばこの喫味を損なわないだけでなく、パイプを長持ちさせる為にも有効です。
1.喫煙後のクリーニング
パイプが温かいうちにマウスピースを外すと、シャンクやダボ部を破損する恐れがあります。パイプが完全に冷めたことを確認した後、ボウル内壁を傷つけないように注意して、溜まった灰を除去します。また、マウスピースを慎重に回しながら外した後、モールクリーナーで十分にタールや、水分を掃除して下さい。
2.カーボンの厚みを一定に維持する
パイプスモーキングを重ねる度にボウル内壁に付着したカーボンが厚みを増します。カーボンは喫煙中にたばこから出る油脂分と灰の混合物で、ボウルを火熱から保護し、たばこから出る水分を吸収することでその喫味をマイルドにします。しかし、厚いまま放置すると、膨張・収縮率の違いからボウルにひび割れを生じさせることがある為、リーマーで成型する必要があります。カーボンの厚みは、1.5〜2mm位が適当で、ボウル内壁に均等な厚みを残して、残りは捨てます。
3.パイプの保管
パイプについた手垢等は、ポリッシングクロスやパイプクリーン液等できれいにしてください。メンテナンス後のパイプは十分に乾燥させた後、パイプスタンドに立て掛けるか、パイプポウチに入れて保管します。
よい削り方
ボウル内に均等な
カーボンの厚みが
保たれた状態。
悪い削り方
ボウル内を斜めに
削り込んだ状態。
悪い削り方
カーボンの削り込み
が偏っている状態。

初めての方は、すぐに火が消えてしまったり、理屈どおりにいかないかもしれませんが、思いのままのパイプスモーキングは、そこに至る長い道程を楽しみながら経験することであなた独自の喫煙方法が完成されます。至福の一服を愉しむための手引きとなれば幸いです。


 その他多数品揃え!たばこ専門店さくらんぼ

pagetop このページのトップへ