ホーム > 喫煙マナー

喫煙マナー
喫煙マナー手帖 愛煙家自身で喫煙マナー手帖をつくりましょう!
貴方が大切にしている喫煙マナーをぜひ教えてください。
そのマナーを考えるきっかけとなったエピソードなどもございましたらご投稿いただければと思います。
投稿が集まりましたら、喫煙マナー手帖として公開させて頂きます。

目次
タバコは大人の嗜好品。
教えてくれる人がいなくなった
 気がします。

何より煙草を楽しみましょう
歩きタバコ厳禁。
喫煙マナーは意識していないが
場所と時間と年齢を考えて
30過ぎまでタバコ嫌いだった
 私の考え

吸わない人の前では
 絶対に吸わない

家でのタバコの吸い方
吸う人間に対する疑心
電車待ってるときは
 だめですよね。

煙草は決められた場所でね
  (絶対に)

風向きもチェック!?
  「自己禁煙ゾーン」

非喫煙者の前ではロースモーク
他の人が食事してる場所で
 吸わない(喫煙席でも)

灰皿は九谷焼の皿
ポーチの中には
   タバコは大人の嗜好品。
こげさん / 26歳 / 女性
あるショッピングモールへ行った時の事です。
食後の一服にと喫煙所に入った所、そこにいたのは若い男女と小さな子どもが一人。様子を見るに親子でしょうね。
子どもはしきりに「目が痛い」「喉イガイガする」とぐずっていたのですが、両親は知らん顔で二本三本と物凄い早さでタバコに火を点けていきます。
地べたに座り込んでいるので、自然と子どもに煙がかかり
ます。
先客の壮年男性が見かねて「夫婦で来てるなら交代で吸えばいいじゃないですか、お子さん嫌がってますよ」と声を掛けるも無視、シカトです。
まだタバコに火を点けて居なかったので「おばちゃんと外出てよっか」と子どもに声を掛けたところ「うるっせーな、出ていきゃいいんだろ!出ていきゃよ!」と声を張り上げ、子どもの腕をひっつかんでご退出。
「誰も出て行けなんて言って無いのにねぇ……」と壮年男性がボソリ。

タバコは大人の嗜好品。
愛煙家の先輩である叔父の言葉が脳裏によぎったエピソードでした。