ホーム > よもやま世界のたばこ屋通り > クロアチア編

クロアチアへ行ってきました!
クロアチアとは・・・ クロアチアの風景

クロアチアは東ヨーロッパのバルカン半島に位置する共和制国家で、
首都はザグレブ。
1991年にユーゴスラビアから独立し、2013年にEUに加盟。
公用語はクロアチア語で人口は約428万人(2012年)。

隣国のスロベニア、モンテネグロなどと同じくアドリア海に面し、
中でも「アドリア海の真珠」と称されるドゥブロヴニクの街並みは
有名である。
同時にこの街は海外ドラマ"Game of Thrones" のロケ地としてその名を広めた。

マップ
クロアチアの風景
クロアチアのたばこ事情 クロアチアのたばこ屋

クロアチアには約11000店のたばこ売り場があり、地場たばこメーカーが50%以上のシェアを有し、PMI、JTI、BATなどの外国メーカーが残りのシェアを競っている。

自販機はなく、全てが対面販売で、喫煙年齢は18歳から。
違反した販売店には高額の罰金が課せられる。

商品のパッケージはお客様に見えないようにカウンターの下か、扉で隠されている。

屋外広告、WEB、雑誌などでの販促は原則禁止されている。

 

 
クロアチアのたばこ屋  
クロアチアの喫煙 クロアチアの喫煙について
法律により、公共の場、およびホテル・カフェ・レストランでの喫煙は禁止。オープンテラス・バルコニー・路上での喫煙は可。

たばこのディスプレイが可視化されていないため、新製品が発売された時はスタッフがその都度説明するという。

喫煙率は減少傾向にあり、2014年で28%。
手巻きたばこの喫煙者は増加傾向にある。
クロアチアの人気のたばこブランド クロアチアのたばこ

マールボロが圧倒的なシェアを持ち、国産の
"RONHILL"や"YORK"が人気。

クロアチアの旅写真ギャラリーへ

お店から

よもやま世界たばこ屋通り

シンガポール

スイス編

規制はあるが、さほど厳しくはない

シンガポール

シンガポール編

"SDPC"の印字が
ないたばこは罰金

クロアチア

クロアチア編

自販機はなく、
全てが対面販売

スペイン

スペイン編

手巻きたばこが充実している

アメリカ ロサンゼルス

ロサンゼルス編

電子たばこの需要が高まっている

韓国

韓国編

たばこは殆どがコンビニで販売

タイ

タイ編

メンソール製品のシェアが高い

マレーシア

マレーシア編

たばこの規制に関する条約に加盟

ウィーン編

ウィーン編

音楽の街、由緒ある歴史の街

イタリア編

イタリア編

路上やオープンカフェなどで喫煙

ロシア編

ロシア編

ヨーロッパの風情を感じる

パリ編

パリ編

世界一の観光国フランスの中心地

香港編

香港編

街角に灰皿設置でポイ捨てが少ない

オランダ編

オランダ編

「手巻きたばこ」が盛んに愛用

中国編

中国編

「赤い」パッケージが目立つ

台湾編

台湾編

路上の吸殻も少ないマナーのよい国

店舗案内

店舗案内

店頭では約600種類の
たばこを品揃えしております。

店舗ページはこちら

好みで探す

さくらんぼのアプリが誕生

集い

さくらんぼ公式Facebookへのリンク

愛煙家から

たばこの感想広場

たばこの感想広場

たばこの感想広場