ホーム > よもやま世界のたばこ屋通り > イタリア編

よもやま世界たばこ屋通り
イタリアたばこ事情
イタリアは日本の約5分の4の面積を持ち、6000万人近くの人口を有します。

1962年にたばこの広告全面禁止令が制定され、販売の認可を受けた国内55000店の店頭でも広告が禁止されています。LOTOやカフェ、レストラン等との兼業が多く、喫煙年齢は18歳から。

外国たばこの売上比率が高く、純国産ブランドの「MS」等は年配者に多く好まれています。販売店に聞くと「マールボロ・ライト」が一番の人気だとか。
ローマ市内では「キャメル」、「ウインストン」等を有するJTインターナショナルの売上シェアは約26%です。販売価格は平均で約4ユーロ(460円)程。
たばこ店には必ず「TABACCHI」の看板が設置されており、防弾ガラスで装備した自販機を設置している店もあります。

原則的に屋内での喫煙は禁止で、路上やオープンカフェなどで喫煙されている姿が見かけられます。
喫煙率は18.9%で、女性の喫煙者もよく見かけます。メンソール製品は殆ど無く、販売店では外国人観光客からの要望が結構あるとか。日本人かも知れませんが。

世界遺産を多く有する歴史と芸術の国、美しい街並みがとても素敵なのが印象的でした。
 

pagetop このページのトップへ

お店から

よもやま世界たばこ屋通り

シンガポール

スイス編

規制はあるが、さほど厳しくはない

シンガポール

シンガポール編

"SDPC"の印字が
ないたばこは罰金

クロアチア

クロアチア編

自販機はなく、
全てが対面販売

スペイン

スペイン編

手巻きたばこが充実している

アメリカ ロサンゼルス

ロサンゼルス編

電子たばこの需要が高まっている

韓国

韓国編

たばこは殆どがコンビニで販売

タイ

タイ編

メンソール製品のシェアが高い

マレーシア

マレーシア編

たばこの規制に関する条約に加盟

ウィーン編

ウィーン編

音楽の街、由緒ある歴史の街

イタリア編

イタリア編

路上やオープンカフェなどで喫煙

ロシア編

ロシア編

ヨーロッパの風情を感じる

パリ編

パリ編

世界一の観光国フランスの中心地

香港編

香港編

街角に灰皿設置でポイ捨てが少ない

オランダ編

オランダ編

「手巻きたばこ」が盛んに愛用

中国編

中国編

「赤い」パッケージが目立つ

台湾編

台湾編

路上の吸殻も少ないマナーのよい国

店舗案内

店舗案内

店頭では約600種類の
たばこを品揃えしております。

店舗ページはこちら

好みで探す

さくらんぼのアプリが誕生

集い

さくらんぼ公式Facebookへのリンク

愛煙家から

たばこの感想広場

たばこの感想広場

たばこの感想広場